教育・保育目標

教育・保育目標

健康な体をつくる
おだやかな心を養う
意欲と創造性を育む

ゆとりある環境できめ細やかな「丁寧な保育」をこども達に
体験を中心にした保育で「たくさんの可能性」をこども達に
添加物の少ない安全な食材で「手作りの味」をこども達に

6歳までに育てたいもの

1.人の話を聞き、自分の思いを伝えることができる
2.集中して物事に取り組む
3.生活(社会)のルールを理解し守る
4.やさしさや思いやりを持ちよい人間関係をつくる
5.五感を使って豊かな感性を育てる

乳児期で大切なこと

0歳から5歳までのこども園時代は、こども達が人として育っていく過程の中で、基礎となる土台づくりの一番大切な時期です。この基礎がしっかりとその子の中で根づかないと、将来ゆがみが生じかねません。当園ではこども達が安心して穏やかな気持ちで一日が過ごすことができるように配慮しながら、どの子もしっかりと大人に受け入れてもらうことによって人に対する信頼感を育て、自分らしく生きる力や皆と共に生きる力を養っていきます。集団生活で、他者との触れ合いの中から生まれる情緒が安定した健全な心やこども達が21世紀を生きる力となる意欲と創造力を、遊びを通して体験しながら学んでいきます。
6歳までにしか育てられないものを育てることが大切です。

教育・保育について

こどもにとって、見るもの、聞くもの、触れるものの全てが新鮮な体験で、興味や関心があることを見つけると、こどもの脳は活性化します。
どんな遊びにもこどもの力を育てる要素があります。いろいろな遊びを経験することで、考えて工夫する力や不安を乗り越えてチャレンジする力、人と上手につきあう力や自分の思い通りにいかなくても感情をコントロールする力等が育ちます。生活遊びがこどもの能力を育てる土台となります。こどもが心豊かに成長発達していくためには、乳幼児期(就学前)の「遊び」がとても大切です。こどもは遊びながら考えたり、空想、想像したり、手や体を使ったり、言葉を覚え話したりしながら、人間関係を築き、社会で生きていくために必要な力を養っていきます。
乳幼児期はとにかく遊ぶこと!
当園は遊びを通して心身の成長発達を願っています。

お部屋の様子

 

お部屋の様子

※全クラス 11月20日更新   さくら更新は12月

入園前の方へ

 

園からのお知らせ

 

◇こども園は文化との出会いの場である

子ども達が人間として豊かに育っていくためには、良い文化との出会いが必要です。よい絵本や良い玩具は子どもたちに文化というものを伝えていくのに、とても大切な教具です。こども園では絵本やおもちゃについて研究し、最良のものを選んで子どもたちに提供しています。

◇日課について

子ども達が人としてしっかりした発達をしていくためには、規則正しい生活の組み立てが必要です。規則正しい生活をすることによって、生活の流れを把握し、先を見通して自分で考え行動できるようになります。日課が安定することで子ども達は園生活に不安を抱くことなく、主体的に行動できるようになっていきます。特別な事(夏季プール等)がないかぎり、園では安定した生活リズムで過ごします。

◇絵本について

絵本は大人が子どもに読んであげる本です。子どもは絵を読んでいます。こども園では乳児クラスは1対1で大人の膝の上で絵本を読んでもらいます。幼児クラスは集会で読んでもらいます。自分の大好きな人(父母、保育教諭等)に読んでもらえる嬉しさや楽しみは、子どもの心に深く残り、この喜びが成長と共に本への興味につながり読書好きな子になっていきます。子どもが気に入った絵本はくりかえし読んであげてください。絵本の読み聞かせは、情緒が安定し、想像力の豊かな子に育ちます。縦割りクラスではたくさんの絵本の物語の中で遊んでいます。また絵本は豊かな言葉の宝庫です。表現力の豊かな良い絵本を選んで大人が沢山読んであげてください。ほのぼの文庫の貸出も大いに利用してください。

◇キャラクターについて

日本では子どもも大人もキャラクターが大好きですが、当園では持ち込まないようにお願いしています。落ち着いた日々の生活を基本に、園にある絵本やおもちゃでまじめに遊び込んでほしいと思っています。その経験から集中力、持続力、自己コントロール力、コミュニケーション力等を身につけ、大人へと成長していってほしいと願っています。家庭でも長時間のテレビやビデオ等が中心とならないように、また親子の会話が楽しくできるような家庭環境に配慮してあげてください。

アクセス

幼保連携型認定こども園 東金沢こども園
〒920-0802
金沢市三池町145番地(分園:157番地)
TEL:076-252-7814/FAX:076-255-1071