もも

ももぐみ(1歳児クラス)

  気温がぐっと下がり秋を感じる日も多くなってきましたね。外でも心地よい風が吹き過ごしやすくなりました。
 毎日同じ日課を過ごすことで子どもたちも見通しをもって過ごすことができるようになってきました。「ホール行くよ」と子どもたち同士で教え合ったり、細かいおもちゃが落ちた時には拾うのを手伝いにきてくれる子も多くなってきて、一人から友達と一緒に過ごす楽しさや仲間意識が強くなっているのを感じます。

 「自分のことは自分でしたい!」という気持ちも強くなってきて、オムツ替えの時や戸外へ行くときの靴下や靴を履く時も自分で頑張っています!春の頃に比べてとてもスムーズにできるようになり、子どもたちも自分でできたことがとても嬉しく色々なことへの自信につながっています。子どもたちの「できた!」という嬉しい気持ちを共感していき、より次への意欲にもつなげていきたいと思います!

戸外遊び

 外遊びも涼しくなり思いっきり体を動かして遊んでいます。園庭や川沿い、先日からは本園の園庭にも行っています。普段園庭へ向かう時には自分のペースで一人で歩いていますが、川沿いや本園園庭までは手をつないで向かっています。しっかりとお友達の手をつなぎ、同じペースで歩いてくれる子どもたちです。

 体の動きもダイナミックになってきて、クライミングに挑戦したり「よーい、どん!」の声掛けに合わせて元気いっぱいに走り体を動かすことを楽しんでいます。外遊びの楽しさもそれぞれ感じるようになり、「バッタおるかなー?」と楽しみにする声も聞かれるようになってきましたよ。秋ならではの楽しさも感じていけたらと思います。

 

できましたよー!どうぞー!

力を入れてのぼっていくよ!

見てみて!虫つまかえたよ!

自分でいけるようになったよ!

お魚の形にしたよ!

遊具もすいすい行けるようになったよ!

川沿いでお花みつけたよ!

お皿にたくさん入れていこう!

 

部屋遊び

 春の頃には自分でなかなか遊びを見つけれなかった子も自分のやりたいおもちゃを見つけ、一人でじっくり遊ぶ姿も多く見られるようになってきました。子どもたち同士で「かーしーてー」「どうぞー」とやりとりもできるようになったり、お友達の名前を覚えて「一緒にあそぼ」と誘いあう子どもたちです。

 作品を最後まで完成することも増え、その中で色を揃えたり形を揃えたりとそれぞれのこだわりも見られます。「じょうず~!」と拍手して一緒に喜んでくれる姿は微笑ましく、みんなで認め合い成長していく姿が嬉しく思います。

 

ここに入れて~たくさんできてきたよ!

少しやり方を覚えてきたよ!

バックしまーす!プープープー

長いネックレスを作ろうかな~!

このパーツはどこかな?

 ベビー人形のねねちゃんとももちゃんのお世話も丁寧になってきて、最近はお薬や体温計なども用意しました。「ぬりぬり~」と言いながら優しく塗ってくれたり、「お熱あるー!」とお母さんのような気分でお世話してくれる子どもたちです。

お薬塗ろうね~!

ねねちゃん、お風呂入ろうね~

ももちゃん、おやすみ~また遊ぼうね!

色もそろえていこう!   シートいっぱいになってきたよ!

長くなってきたよ!

足にもつけてみようかな!

これはここかな~?

ホットケーキにトッピングをしていこう!

ホール・テラス

 ソフト積み木でトンネルを作ると、次の日には子どもたちから「トンネル作ろう!」と自分たちで作り始めたり今日はどんな楽しいことをしようかなと子どもたちと一緒に考えながら遊んでいます。

 テラスで遊んでいると新幹線の音にすぐ気付き教えてくれたり、カラスやすずめなど自分で見つける嬉しさを感じている子どもたちです。

トンネルをこわさないようにそーっといこう!

この小さな穴に葉っぱ入るかな~

上に高く積んでみよう!

よーし!ジャンプするよ!

このトンネルは小さいな~!