給食室から

給食室から

東金沢こども園では、添加物のない安全な食材で「手作りの味」を子供たちに……という思いで毎日給食を作っています。

離乳食:毎日、分園と連絡をとりながら1人ひとりの成長にあわせ作っています。

おやつ:手作りおやつに心がけ、週に2回程度献立に取り入れています。手作りなので添加物もなく安心して食べることができ、園児もおいしそうに食べています。

アレルギー児への対応:入園時に確認し、医師の診断書のもと1人ひとりに対応した除去食を作っています。

食事:食という字は「人を良くする」「人に良い」と書きます。その字のとおり元気のもと、健康の源のほとんどが「食」であり、楽しみの一つです。園児たちも給食が楽しみになるように、出来たてで温かいものを作っています。

保育園では、食に関する興味関心を持ってもらおうと、保育園で野菜の栽培や、クッキングを行っています。

 

◇◆保育園の給食ではこんなことを心がけています◆◇

・1日、15~20種類ぐらいの食材を使うような献立作り
・新鮮で安全性の高い食材を使用(国産の果物、産地の厳選など)
・揚げ物・焼き物・炒め物・煮物・和え物を取り入れる
・薄味で甘味・脂肪を控えめにして素材そのものの味を生かしたり、子供が素材の味を知ることができるように味付け
・正しい食習慣を身につけられるよう心がける
・行事食、郷土料理や季節を感じられるメニュー
・一人ひとりの発達に合わせた食事

 

◇◆サイクルメニューを行っています◆◇

園では月に2回同じメニューが出てきます。その理由は…

1.1回目に食べれなかったメニューも2回目で挑戦し、食べることができるようにするため
2.苦手な食材にも慣れることができ、食べる意欲を育てるため

 

 

○7月お楽しみ会

メニュー:牛丼、南瓜の天ぷら、切干大根の煮付け、天の川スープ、メロン

おやつ:フルーツゼリー

 

夏野菜をたべましょう

 6月のはじめにそれぞれのお部屋で植えて育ててきた夏野菜の苗が、今実をつけて収穫の時期を迎えています。毎日のように「こんな大きいきゅうり取れたよ!」「美味しいからピーマン先に虫に食べられちゃった」などなど、取れたてを嬉しそうに給食室に持ってきてくれます。この時期の献立には夏野菜を使ったものを多く取り入れているので、ありがたく使わせてもらっています。旬を迎えた野菜は美味しいだけでなく、栄養豊富です。また、夏野菜には水分やミネラル、ビタミンも多く含まれているので暑い時期に汗をかいて失われてしまう栄養の補給にもピッタリです。

きゅうり

 95%が水分のため、栄養価は少ないですがビタミンCやカリウムなどが含まれています。体を冷やす作用があるので、暑い夏にはピッタリです。今では家庭でお馴染みの野菜ですが、昔のヨーロッパでは貴族だけが温室で育てて食べることのできた野菜だったそうですよ。意外な過去のある野菜なのですね。サラダや漬け物、和え物など生で食べるのが一般的ですが、加賀野菜の一つの太きゅうりはあんかけ煮やお味噌汁などの火を通す料理にも使われています。

 

ピーマン

 「苦手な野菜」の一つとして必ずあげられるピーマンですが、最近は赤や黄色、オレンジなどカラフルで甘味の強い食べやすいものも出てきました。どの色のピーマンにも豊富に含まれているのがビタミン類です。ピーマンに含まれているビタミンCは熱に強いことが特徴です。油との相性も良く、火を通すと苦味も少なくなるので炒め物や揚げ物がおススメです。

 

なす

 きゅうりと同じ体を冷やす効果があり、夏バテの改善に効くと言われています。皮の部分にも大切な栄養があるので皮をむかずに調理するのがおススメです。なすの良い所は、他の食材や調味料の旨味や栄養を吸収してくれるところです。吸収率が高いので、ついつい油を多く使ってしまいがちになるので調理前に電子レンジで一度加熱すると、炒める時に多くの油を使わなくて済みますよ。

 

おススメおやつ・パンプキンパイ

 夏野菜の一つの南瓜を使った、子どもたちにも人気のおやつを紹介します。”パイ”といっていますが、春巻きの皮を使用しています。南瓜のほっこりした甘味と春巻きの皮の塩気に加え、油で揚げることでパリパリした食感も楽しめます。

 

○材料

・南瓜(皮や種を取り除いたもの)         300g

・砂糖                       30g

・バター(マーガリンでも)             30g

・春巻きの皮                    10枚

・水溶きの小麦粉(春巻きの巻き終わりに使います)   適量

・揚げ油

 

○作り方

①南瓜は茹でて柔らかくなったら潰します。

➁①に砂糖とバターを加えて混ぜます。

※甘味は調節して下さい。少し甘めがおススメです。

③春巻きの皮で②を巻きます。

※詰めすぎると揚げる時にパンクしてしまうので注意して下さい。

④揚げ油を温めてキツネ色になるまで揚げたら出来上がりです。

 

※南瓜ではなく、さつま芋に変えても美味しいです。

 

 

 

○●○食育活動○●○

さくらさんを対象として毎月栄養士が直接食に関する話をしています。内容は季節の野菜の話や行事食の由来、食事のマナーや正しい包丁の使い方など季節や時期にあった内容を話しています。

今回は、7月22日(水)に「食事のマナーを知ろう」というテーマでお話をしました。食事をするうえでのあいさつや姿勢、食器の置き方やお箸を持つ練習など、気持ちよく食事をするためのマナーを知ってもらうことをねらいとしました。

まず「食事のマナーって何かわかるかな?」という質問をしました。少し質問が難しかったのか、最初はわからなさそうにしている様子でしたが、ある子が「お箸の持ち方とか~!」って答えてくれました。マナーについてまずは、食前食後のあいさつは何ていうのか質問しましたが「いただきます」「ごちそうさまでした」は子どもたちには簡単すぎるようでした。「感謝の気持ちも込めて言おうね」ってことも併せて伝えました。

次に、食事中の姿勢について、正しくない姿勢の4つのパターンのイラストを見てもらい、どこが正しくないのかそれぞれ答えてもらいました。「この絵のどこがダメかな?」って聞いたときに「机にひじがついてる!」とか「足をバタバタしてる!」といった感じで、子どもたちは瞬時に理解している様子が伺えました。

次は、食器の置く位置について、お盆に見立てたイラストに番号を振り、ご飯や汁物、おかずなど、どこに置くのが正しいか聞いてみました。少し難しかったようで、当てずっぽうで答えているような子もいましたが、分かっている子は自信を持って正しい番号を連呼してくれました。

最後は、小皿を2枚用意し、片方に乾燥の金時豆を入れ、もう片方のお皿にお箸を使って移してもらうというゲームをしました。タイミングよくその日の給食が煮豆だったので、まずはこのお豆が何かわかるか聞いてみましたが「小豆!」とみんな勘違いしていたようで、小豆はもう少し小さくて、これは金時豆だということも併せて伝えました。6人ずつ机を囲んでもらい、一斉に始めて、豆を5つ移せた子ががいる時点で終了という形でゲームを進めました。途中うまく出来ない子には、先生がサポートに入り、みんな1つは移せるように練習しました。お箸練習中の子が多く、お箸で乾燥豆をつかむには大半の子が苦戦していました。私も事前に試してみましたが、大人でも割と難しいと思います(笑)今回は、お箸を使うときの力の入れ方を感じてもらえたらと思い、ゲーム感覚で楽しくやってみましたが、上手くお箸が使えず悔しがっている子も見られました。

最後のまとめでは、今は上手にできなくても落ち込まないで、これから練習して上手にお箸が使えればいいんだよということを伝えました。日頃からご家庭でも引き続き練習していただければなと思います。