給食室から

給食室から

東金沢こども園では、添加物のない安全な食材で「手作りの味」を子供たちに……という思いで毎日給食を作っています。

離乳食:毎日、分園と連絡をとりながら1人ひとりの成長にあわせ作っています。

おやつ:手作りおやつに心がけ、週に2回程度献立に取り入れています。手作りなので添加物もなく安心して食べることができ、園児もおいしそうに食べています。

アレルギー児への対応:入園時に確認し、医師の診断書のもと1人ひとりに対応した除去食を作っています。

食事:食という字は「人を良くする」「人に良い」と書きます。その字のとおり元気のもと、健康の源のほとんどが「食」であり、楽しみの一つです。園児たちも給食が楽しみになるように、出来たてで温かいものを作っています。

保育園では、食に関する興味関心を持ってもらおうと、保育園で野菜の栽培や、クッキングを行っています。

 

◇◆保育園の給食ではこんなことを心がけています◆◇

・1日、15~20種類ぐらいの食材を使うような献立作り
・新鮮で安全性の高い食材を使用(国産の果物、産地の厳選など)
・揚げ物・焼き物・炒め物・煮物・和え物を取り入れる
・薄味で甘味・脂肪を控えめにして素材そのものの味を生かしたり、子供が素材の味を知ることができるように味付け
・正しい食習慣を身につけられるよう心がける
・行事食、郷土料理や季節を感じられるメニュー
・一人ひとりの発達に合わせた食事

 

◇◆サイクルメニューを行っています◆◇

園では月に2回同じメニューが出てきます。その理由は…

1.1回目に食べれなかったメニューも2回目で挑戦し、食べることができるようにするため
2.苦手な食材にも慣れることができ、食べる意欲を育てるため

 

 

○2月お楽しみ会

メニュー:ピラフ、ポテトのミートグラタン、ミモザサラダ、カレースープ、オレンジ

おやつ:豆腐ときなこのケーキ

 

○3月お楽しみ会

メニュー:ちらし寿司、鮭の味噌マヨネーズ焼き、菜の花和え、すまし汁、デコポン

おやつ:ひな祭りケーキ

この1年間をふりかえってみましょう

 この1年間の食生活・食習慣はいかがでしたか?進学・進級にむけてチェックしてみて良いことや反省点を来年度につなげていきましょう。

 

朝ごはんは毎朝たべていますか?

 朝ごはんは1日のエネルギー源であるとともに、健康の基本です。また、朝ごはんをしかりとるには早寝・早起きの生活習慣も大切です。

食事中、姿勢やマナーに気をつけましたか?

 食事のマナーとは、人に迷惑をかけずにみんなが楽しく食事をするためのものです。遊んだり、口に食べ物が入ったままお喋りをしたりしていませんか?食事中ひじをついたり、食器を持たないで食べたりしていないかも気をつけましょう。

食事前の手洗いはよくできましたか?

 手のひらだけを水で少し洗って終わりにしていませんか?指の先や爪にも目に見えない細菌がたくさんついています。せっけんを使ってしっかりを洗いましょう。

おかずだけでなく、ご飯やパンなどの主食もきちんと食べていますか?

 特にご飯はおかずと食べることにより脂肪をエネルギーに変える働きをします。元気に遊ぶことができなくなるので、特に朝ごはんではしっかり主食をたべましょう。

苦手な食べ物に挑戦しましたか?

 色んな味を体験することで、味覚の発達につながります。

「いただきます」「ごちそうさま」の食事のあいさつはしていますか?

 「いただきます」は食べ物への、「ごちそうさま」は料理を作ってくれた人への感謝を表しています。食に対する感謝の気持ち、大切にしたいですね。

ゆっくりよく噛んで食べていますか?

 よく噛んで食べることで食べ物の美味しさがよくわかり、消化も良くなります。あごの発達や正しい歯並びを促し、食べすぎを予防できます。

食事やおやつの時間は決まっていますか?

 規則正しく3食食事をとることは、健康づくりだけでなく体内のリズムを整えます。

楽しく食事をしていますか?

 楽しく食べることで食欲も増し、食べ物の消化吸収もよくなります。

 

さくらさんリクエスト給食

 3月の給食にはさくらさんの好きな給食メニューのアンケートをとり、人気の高かったものを取り入れています。「今年のさくらさん達は何が好きだったのかな?」と毎年私たちも結果を楽しみにしています。お別れ会の日の献立は人気のものばかりです。ここでは取り入れた3つずつを紹介します。

主菜部門

・ハンバーグ

・フライドチキン 

・鮭のパン粉焼き

 やはりお肉料理が人気のようです。このほかにも、かき揚げやカジキのごま味噌マヨネーズ焼きなども人気でした。

副菜部門

・ミートスパゲッティ 

・ジャーマンポテト

・おかかブロッコリー

 洋風の味付けのもの以外にもひじきや切干大根の煮物や、煮豆も人気でした。

汁物部門

・カレーシチュー

・クリームシチュー

・うどん

 カレーシチューの日には給食室も気合が入ります。たっぷりの野菜を切り、大きいお鍋に2つ分を作っていますが、毎回どのお部屋も食缶は空っぽでかえってきます。大変ではありますが、子ども達も「美味しかったよ!」といってくれるので私たちにとってとても達成感のあるメニューでもあります。

おやつ部門

(甘いおやつ)

・フレンチトースト

・シリアルバー

・プリンアラモード

(しょっぱいおやつ)

・焼きそば

・中華風おこわ

・肉まん

 

 

○●○食育活動○●○

さくらさんを対象として毎月栄養士が直接食に関する話をしています。内容は季節の野菜の話や行事食の由来、食事のマナーや正しい包丁の使い方など季節や時期にあった内容を話しています。

 

◆◆◆ 2月24日(水)◆◆◆

テーマ『味の変化を楽しもう』

 

今回は “ 味覚 ” についてお話ししました。

まず最初に「味覚って何か知ってる?」と聞いてみたのですが、みんなあまりピンとこず、初めて聞いたような印象でした。「味覚の “ 味 ”は “ あじ ” って読むんだよ」と伝え、次いで「味は体のどこで感じるかわかるかな?」と聞きました。「くち!」と答えてくれた子がいたので「味は食べ物を口に入れてから、舌で感じるんだよ」補足しました。

その話から「味ってどんな味があるかな?」と聞きました。
真っ先に「さかな!」と答えてくれた子がいて(何のことだろう・・・)と一瞬考えましたが、魚のアジのことを言ってくれていたみたいです(笑)

 

味には主に「甘い(甘味)・しょっぱい(塩味)・苦い(苦味)・すっぱい(酸味)・うま味」の5種類あり「5つの味で五味(ごみ)って言うんだよ」と伝えました。

 

その中でも 「“ うま味 ”って何だろう?」ということを体感してもらいたかったので、給食で使用している魚の混合ダシを試飲してもらいました。

ひとりにつき紙コップを2個用意し、片方には白湯、もう片方にダシを入れたものを配りました。不思議そうに見つめる子がいたり、においを嗅いでいる子がいたりと、色とにおいに戸惑っている様子も見られ、様々な反応がありました。

まずは「透明なほうから飲んでみて」と伝え、水であることは伏せて飲んでもらいました。さすがに水だとすぐわかったようでした。次にもう片方のものを飲んでもらい、中身が何なのかを当ててもらいました。なんか飲んだことがあるけど、それがいったい何なのか分からなさそうにしている子が多く「う~ん う~ん」と考えている様子が印象的で、なかなか「ダシ」という言葉が出てきませんでした。最後の方に「お茶のダシ」と半分正解の子がいたので「魚から取ったダシだよ」とみんなに伝えるとびっくりした様子でした。

 

ダシや野菜に含まれているうま味は主に、調理に使うことによって減塩の効果があります。ご家庭でもぜひダシを活用して、薄味を心掛けてみてください。