給食室から

 

給食室から

東金沢こども園では、添加物のない安全な食材で「手作りの味」を子供たちに……という思いで毎日給食を作っています。

離乳食:毎日、分園と連絡をとりながら1人ひとりの成長にあわせ作っています。

おやつ:手作りおやつに心がけ、週に2回程度献立に取り入れています。手作りなので添加物もなく安心して食べることができ、園児もおいしそうに食べています。

アレルギー児への対応:入園時に確認し、医師の診断書のもと1人ひとりに対応した除去食を作っています。

食事:食という字は「人を良くする」「人に良い」と書きます。その字のとおり元気のもと、健康の源のほとんどが「食」であり、楽しみの一つです。園児たちも給食が楽しみになるように、出来たてで温かいものを作っています。

保育園では、食に関する興味関心を持ってもらおうと、保育園で野菜の栽培や、クッキングを行っています。

 

◇◆保育園の給食ではこんなことを心がけています◆◇

・1日、15~20種類ぐらいの食材を使うような献立作り
・新鮮で安全性の高い食材を使用(国産の果物、産地の厳選など)
・揚げ物・焼き物・炒め物・煮物・和え物を取り入れる
・薄味で甘味・脂肪を控えめにして素材そのものの味を生かしたり、子供が素材の味を知ることができるように味付け
・正しい食習慣を身につけられるよう心がける
・行事食、郷土料理や季節を感じられるメニュー
・一人ひとりの発達に合わせた食事

 

◇◆サイクルメニューを行っています◆◇

園では月に2回同じメニューが出てきます。その理由は…

1.1回目に食べれなかったメニューも2回目で挑戦し、食べることができるようにするため
2.苦手な食材にも慣れることができ、食べる意欲を育てるため

 

 

○3月お楽しみ会

メニュー:ロールパン、ザクザクチキンハンバーグ、ツナのホットサラダ、ミネストローネ、オレンジ

 

 

○4月お楽しみ会 

メニュー:ロールパン、鶏肉のコンソメ焼き、マカロニサラダ、コーンスープ

 

食事を楽しむ5つのポイント

 乳幼児期は、生涯にわたり続く「食生活」のスタート地点となる大切な時期です。この時期には、初めての食べ物に挑戦しながら「食べることが楽しい!」という気持ちを育てることが大切です。意欲的に楽しく食べる子どもに成長していくために、大切なポイントを5つお伝えします。

食事を味わって食べる

 美味しい!と感じるためには、食べる体験を通して、見た目、味、匂い、食感などに慣れることが大切です。離乳期からいろいろな食品に親しみ、繰り返し食べ慣れることで、子どもが自ら美味しさを発見し、意欲的に食べることができるようになります。食べることができなくても、抵抗感を減らすことができます。大人が楽しく食べる姿を積極的に子どもに見せてあげましょう。

食事のリズムがもてる

 空腹感を感じ、それが満たされた時の心地よさは、誰にとっても至福のひとときですね。生活のリズムを整えてぐっすり眠り、たっぷり遊び、空腹を感じられるようなメリハリのある生活を心掛けましょう。子どもの食べられる量によって食事回数が異なることがありますが、大切なのはリズムです。規則正しい生活の中で食事を楽しみましょう。

食事づくりや準備に関わる

 食事づくりやお手伝いは「食を営む力」そ高めるだけでなく、マナーや食習慣、地域ならではの風習を覚え、コミュニケーションの基礎を築く良い機会です。年齢に合わせて買い物や料理、栽培や収穫など、食事に関わる魅力的な体験を通して、人のために動いた満足感や達成感を知ることで、より主体的に食事を楽しむことができます。

いっしょに食べたい人がいる

 「お友達やみんなで食べるとおいしい!」と感じるのは、人と食べ物を通して共感できるからです。お友達や周囲の大人との穏やかな食事を経験することで、安心感や信頼感を深める事が出来ます。また、子どもにとって、まいにちの食事は「食べる練習」の場です。お友だちの食べる姿に影響を受けながら、自ら進んで食べようとする意欲が育ちます。

食生活や健康に主体的に関わる

 乳幼児期は、生活と遊びの中で食べたい物を話したり、食べ物や体の話題に触れることで、食べ物に興味と関心を持つようになります。生きる源となる「食」を生活の中心において楽しむことが、健康につながります。

 

子どもの食事で大切なことは?

 乳幼児期の食事は、栄養補給だけでなく、豊かな人間性を育み、生きる力を身に付けていくために大切です。給食では「美味しくたべること」「人と食事を楽しむこと」ができるように、日々の生活と遊びの中で、意欲的に食に関わる体験を積み重ねることを大切にしています。子どもの生涯にわたる心身の健康に、家庭と園とで協力して「食を営む力」を育みましょう。

安全な食事の提供

 体が小さく、抵抗力が弱いと、少量の金で食中毒の症状を呈するリスクがあります。給食では安全な食材の購入、衛生的な調理器具の使用、食事の加熱の徹底と温度管理など「安心・安全な食事」の提供を行っています。食中毒の予防3原則は「つけない」「ふやさない」「やっつける」です。家庭でも衛生的な食事の提供を心掛けましょう。

必要な栄養素(量)の提供

 園では子どもに必要な栄養を満たした食事を、食育の一部として提供しています。食経験の少ない子どもが無理なく楽しく食べることができ、必要な栄養も取れるように食材と調理法を選択しながら主食・主菜・副菜をそろえています。特に健康に欠かすことができないビタミン・ミネラル・食物繊維を多く含む「野菜」を積極的に取り入れています。また将来の生活習慣病に配慮し、塩分・糖分・脂肪控えめを心掛け、健康的な食事で、しっかり栄養を摂取することを目指しています。

成長に合わせた食事の提供

 子どもの咀嚼や嚥下能力に応じて、食材の種類、量、大きさ、固さなどを配慮し、食に関わる体験が広がるように工夫しています。また、子どもの自主的に食べようとする姿を尊重しながら、一人一人の子供に合わせた食事支援を心掛けています。

空腹や食欲を感じる生活リズムの確立

 食に対する意欲をもち、食べることを楽しむためには「お腹がすいた」という感覚が持てる生活を送る必要があります。そのためには、十分に遊び、空腹や食欲を感じ、それを満たす心地よさのリズムを子どもが獲得することが重要です。園では、規則正しい生活の中で、身体を十分に動かすことができる時間を設けて、食欲アップにつなげています。

食べることに挑戦できる環境づくり

 甘味に関しては好んで食べようとしますが、酸味や苦みに関しては本能で危険なものとして避けようとします。食経験が少ない子どもが嗜好を獲得するためには「食べてみよう!」と試みることができる環境を整えることが大切です。園では、友達や大人の食べる姿、又は会話を通して食べ物への興味関心を育みます。家庭でも、子どもと一緒に「食」を楽しむことが嗜好の獲得につながります。

食文化に出会い、楽しむ

 日本ならではの「旬の食材」を味わい、食から季節を感じることができるのが日本の食事の特徴です。また、2月の節分や、3月のひな祭りなどの行事食を通じて日本特有の食文化に触れながら、人と食事を楽しむ体験を積み重ねています。

 

○●○食育活動○●○

さくらさんを対象として毎月栄養士が直接食に関する話をしています。内容は季節の野菜の話や行事食の由来、食事のマナーや正しい包丁の使い方など季節や時期にあった内容を話しています。

 

◆◆◆4月の食育『食事のマナーを知ろう』◆◆◆

新年度が始まり、さくらさんにとっては初めての食育になります。
「食育」ってなんだろうと、不思議そうな表情をした子や、今から何が始まるのだろう?と、わくわくしたような表情の子もいました。

まず「食事マナーって何かわかるかな?」って聞いてみたのですが「わからーん」と、ポカンとした様子でした。「まな板?」という回答もありました(笑)

 

次に、食前食後のご挨拶について「いただきます」「ごちそうさま」は、みんな当たり前のように知ってくれていました。「じゃあ、なんで“いただきます”と“ごちそうさま”って言うのかわかるかな?」と(ちょっと難しいかな・・・)と思い質問してみましたが、「感謝するため!」とすぐに答えてくれた子がいて、ちゃんと理由も知ってくれていることに感心しました。

 

次に、食事中の姿勢について、正しくない姿勢の4つのパターンのイラストと、その後に正しい姿勢のイラストを見せ、どこが正しくないのかをそれぞれ答えてもらいました。

「この絵のどこがダメなのか分かる?」と聞いたときに、子どもたちはすぐに手を挙げて答えてくれて、ひじをついていることや「足がダメ!」と指摘してくれました。そして、私のお話を聞いている姿勢もきれいに正してくれていました。

あと「マスクをしてないから」と答えてくれた子もいて、このご時世そういう考え方もあるんだなあと、子どもたちから学ぶこともありました。

 

最後は、食器の置く位置について学びました。

おぼんに見立てたイラストに番号を振り、お箸、ごはん、汁物、おかず、飲み物、果物の位置はどこが正しいのか考えてもらいました。

改めて聞かれると、いまいちどこに置けばいいのかわからず、少し難しかったようですが、普段、給食でどのように置いていたのか思い出しながら考えてくれていました。

 

今年のさくらさんも、積極的に答えてくれる姿勢を見せてくれたので、話し甲斐がありました。食事マナーは生活を送るうえで欠かせないものなので、今回学んだことを普段でも活かしてもらえたらなと思います。