給食室から

給食室から

東金沢こども園では、添加物のない安全な食材で「手作りの味」を子供たちに……という思いで毎日給食を作っています。

離乳食:毎日、分園と連絡をとりながら1人ひとりの成長にあわせ作っています。

おやつ:手作りおやつに心がけ、週に2回程度献立に取り入れています。手作りなので添加物もなく安心して食べることができ、園児もおいしそうに食べています。

アレルギー児への対応:入園時に確認し、医師の診断書のもと1人ひとりに対応した除去食を作っています。

食事:食という字は「人を良くする」「人に良い」と書きます。その字のとおり元気のもと、健康の源のほとんどが「食」であり、楽しみの一つです。園児たちも給食が楽しみになるように、出来たてで温かいものを作っています。

保育園では、食に関する興味関心を持ってもらおうと、保育園で野菜の栽培や、クッキングを行っています。

 

◇◆保育園の給食ではこんなことを心がけています◆◇

・1日、15~20種類ぐらいの食材を使うような献立作り
・新鮮で安全性の高い食材を使用(国産の果物、産地の厳選など)
・揚げ物・焼き物・炒め物・煮物・和え物を取り入れる
・薄味で甘味・脂肪を控えめにして素材そのものの味を生かしたり、子供が素材の味を知ることができるように味付け
・正しい食習慣を身につけられるよう心がける
・行事食、郷土料理や季節を感じられるメニュー
・一人ひとりの発達に合わせた食事

 

◇◆サイクルメニューを行っています◆◇

園では月に2回同じメニューが出てきます。その理由は…

1.1回目に食べれなかったメニューも2回目で挑戦し、食べることができるようにするため
2.苦手な食材にも慣れることができ、食べる意欲を育てるため

○11月お楽しみ会○

ひじきのご飯、タラのピカタ、切干大根のサラダ、けんちん汁

以:柿 未:みかん

おやつ:肉まん

 

 

〇12月お楽しみ会〇

ロールパン、フライドチキン、人参の甘煮、ゆでブロッコリー、スイートポテトサラダ、キャベツのスープ、りんご

おやつ:シリアルバー

 

 

〇乳幼児期のおやつ〇

・おやつ食事の一つです

 子どもは胃が小さいので3回の食事だけでは一日に必要な栄養が取れません。成長期の子どもにとっておやつは「大切な食事の一部」です。

・おやつの意味

①3回の食事で補えなかった栄養素やエネルギーの補給

②水分の補給

③食べる事の楽しみ

 

●おやつの与え方のポイント

・おやつの時間を決める

 常に何かを与えているとダラダラ食べる状態になり、食事の時におなかが空かなくなってしまうだけでなく、消化や吸収を行い続けなければいけなくなり胃や腸にも負担をかけてしまいます。

 

・できるだけ市販のお菓子に頼らない

 おやつイコール甘いお菓子やスナック菓子ではありません。糖分・塩分・脂肪分が多くなかなか消化できないことから、その後の食事にも影響を与えてしまいます。

 

・量に気を付ける

 夕食までにある程度おなかが空くようにあまり満腹にならない程度の量を与えるようにしましょう。

 

●おススメのおやつ

・果物(りんご・みかん・バナナ・苺など)

・乳製品(ヨーグルト・チーズ・牛乳など)

・パン・ごはん(おにぎり・おこわ・ロールパンなど)

・手作りおやつ(蒸しパン・ホットケーキ・ピザトーストなど)

※組み合わせることでより多くの栄養素やエネルギーをとることが出来ます。

・牛乳 + パンやふかし芋

・果物 + ヨーグルト       など

 

 

シリアルバー

 園で子どもたちに人気のおやつを紹介します。スーパーでもお手軽に手に入るシリアルを使ったおやつでオーブンやガスを使わなくても作ることができます。色んな味のものを使ったり、お好きなドライフルーツやナッツ類を加えたりして楽しんでくださいね。

(材料)

・マシュマロ        60g

・バター          10g

・シリアル         150g

※何も入っていないものならシリアル100gにナッツやドライフルーツ50gを足してください。

(作り方)

①バットにオーブンシートを敷いておきます。

※バットは18センチ × 12センチくらいのものです

②マシュマロとバターを耐熱ボールに入れ、ラップをしないで電子レンジに1分かけます。

③とけたマシュマロにシリアルを手早く混ぜ、バットに流し込み平に広げます。上にオーブンシートをのせてコップの底などを使ってしっかり押さえつけます。

④冷蔵庫で1時間ほど冷やして固めたら、食べやすく切って出来上がりです。

 

スイートポテトパイ

 春巻きの皮を使ったおやつです。さつま芋の代わりに南瓜を使っても美味しいです。

(材料)

・さつま芋(皮を取り除いたもの)    300g

・砂糖                 30g

・バター(マーガリンでも)       30g

・春巻きの皮              10枚

・水で溶いた小麦粉           適量

※春巻きの巻き終わりに使います。

・揚げ油

 

(作り方)

①さつま芋は適当な大きさに切って茹で、柔らかくなったらつぶします。

②①に砂糖とバターを加えて混ぜます。

※甘味は調節して下さい。少し甘めがおススメです。

③春巻きの皮で②を巻きます。

※詰めすぎると揚げる時にパンクしてしまうので注意して下さい。

④揚げ油を温め、キツネ色になるまで揚げたら出来上がりです。

 

 

○●○食育活動○●○

さくらさんを対象として毎月栄養士が直接食に関する話をしています。内容は季節の野菜の話や行事食の由来、食事のマナーや正しい包丁の使い方など季節や時期にあった内容を話しています。

 昨年は春、夏、秋、冬と旬の食材のお話しをたくさんさせてもらいました。その中で、子どもたちに野菜やお魚に興味をもってもらおうとクイズを出しました。しかし、こちらが答えを言うまでもなく子どもたちが教えてくれるくらいすごく食に対して興味があるのだなと感じました。
 子どもたちといっしょに野菜を育てたり、バター作りに挑戦してみたり、秋に旬のきのこを使ってきのこごはんを作って食べてみたりといろいろさせてもらいました。今まであんまり食に興味のなかった子も「今日の給食に夏野菜入ってた!」といってくれたり、苦手な食べ物が食育を通して食べられるようになったなど子どもたちのさまざまな成長が感じられました。今年度は残り少ない食育になりますが、食を通して子どもたちの心を育んでいけたらなと思います。