給食室から

 

給食室から

東金沢こども園では、添加物のない安全な食材で「手作りの味」を子供たちに……という思いで毎日給食を作っています。

離乳食:毎日、分園と連絡をとりながら1人ひとりの成長にあわせ作っています。

おやつ:手作りおやつに心がけ、週に2回程度献立に取り入れています。手作りなので添加物もなく安心して食べることができ、園児もおいしそうに食べています。

アレルギー児への対応:入園時に確認し、医師の診断書のもと1人ひとりに対応した除去食を作っています。

食事:食という字は「人を良くする」「人に良い」と書きます。その字のとおり元気のもと、健康の源のほとんどが「食」であり、楽しみの一つです。園児たちも給食が楽しみになるように、出来たてで温かいものを作っています。

保育園では、食に関する興味関心を持ってもらおうと、保育園で野菜の栽培や、クッキングを行っています。

 

◇◆保育園の給食ではこんなことを心がけています◆◇

・1日、15~20種類ぐらいの食材を使うような献立作り
・新鮮で安全性の高い食材を使用(国産の果物、産地の厳選など)
・揚げ物・焼き物・炒め物・煮物・和え物を取り入れる
・薄味で甘味・脂肪を控えめにして素材そのものの味を生かしたり、子供が素材の味を知ることができるように味付け
・正しい食習慣を身につけられるよう心がける
・行事食、郷土料理や季節を感じられるメニュー
・一人ひとりの発達に合わせた食事

 

◇◆サイクルメニューを行っています◆◇

園では月に2回同じメニューが出てきます。その理由は…

1.1回目に食べれなかったメニューも2回目で挑戦し、食べることができるようにするため
2.苦手な食材にも慣れることができ、食べる意欲を育てるため

 

 

○8月お楽しみ会

メニュー:ビビンバ、南瓜の甘煮、プチゼリー、豚肉とレタスのスープ、ぶどう

おやつ:チーズ蒸しパン

○9月お楽しみ会 

メニュー:カレーピラフ、豚肉のコンソメ焼き、南瓜のサラダ、ワンタンスープ、梨

おやつ:さつま芋のカップケーキ

 

 

スポーツの秋を楽しみましょう。

 秋と言えば、どんな秋を思い浮かべますか?食欲の秋、芸術の秋、そしてスポーツ・運動の秋ですね。子どもの日々のエネルギーは、生きるためのエネルギー(基礎代謝)と成長・発達のためのエネルギーがあります。体を動かして楽しく運動することは、体の成長にもとても大切なことです。しっかりと食べて体に必要な栄養をとり、元気に秋を過ごしましょう。

必要な栄養素は食事や間食からとりましょう

 タンパク質は体作りに、脂質・糖質は体を動かすエネルギーに必要な栄養素です。3回の食事でバランスよく食べて元気な体を作りましょう。食事で1度に食べられない場合は完食で補いましょう。たくさん食べることも大切ですが、食べすぎは内臓に負担をかけてしまいます。適量を心掛けましょう。また、食べる量が増えると自然と摂取する食塩の量も増えていきます。薄味での食事にも気をつけて下さい。

 

(3色を意識しましょう)

・赤→主菜・・・主にたんぱく質を多く含む(体をつくる)

        肉・魚・卵・豆腐などの大豆製品

・黄色→主食・・・主に炭水化物や脂質(エネルギー源となる)

         ご飯・パン・麺類

・緑色→副菜や汁物・・・主にビタミンやミネラル(体を整える)

            サラダ・味噌汁・煮物・果物

主食をしっかりとりましょう

 主食であるご飯、パン、麺類は主なエネルギー源となる糖質を多く含んでいます。元気に遊ぶためにも毎食必ず食べましょう。おにぎりにするとお手軽で完食でも取りやすくなります。

 

適度な運動量にしましょう

 幼児期は身長が伸びたり、骨を強くしたりできる大切な時期です。この時期に適度に体を動かす事で骨を強くすることが出来ます。激しい運動より楽しく体を動かすことで身体の土台作りをしましょう

 

 

○●○食育活動○●○

さくらさんを対象として毎月栄養士が直接食に関する話をしています。内容は季節の野菜の話や行事食の由来、食事のマナーや正しい包丁の使い方など季節や時期にあった内容を話しています。

 

◆◆◆ 次回の食育は、9月27日(月)を予定しています。◆◆◆

食育の様子は、次回の更新をお楽しみにしていてください。 

 

○●○おなかをこわしたときの食事○●○

 

寒くなり、体調も崩れがちな季節になってきました。
子どもの下痢は、年齢が小さいほど状態は変化し、脱水症状を起こしやすくなります。日頃から子供の便の状態をよく見て、いつもと違う場合は経過をよく観察し、また便だけでなく全体の様子にも注意しましょう。

※急性の下痢は、いためられた腸の機能が完全に戻るまでに、5~10日ぐらいかかります。下痢の状態や年齢にもよりますが、1週間ぐらいは食事の内容に気を配る必要があります。

 

ー 食事のポイント ー

・消化の良い食品でやわらかく十分に煮る。
 消化に悪いもの、油や繊維の多いものは避ける。
・温かく調理したものを食べる。冷たいものや香辛料は避ける。
・一回の食事量を減らし、数回に分ける。
・水分補給には、野菜スープ、番茶、湯冷まし等。体調を見ながら与える。
・牛乳、乳製品は避ける。
・よく噛んで食べる。