給食室から

給食室から

東金沢こども園では、添加物のない安全な食材で「手作りの味」を子供たちに……という思いで毎日給食を作っています。

離乳食:毎日、分園と連絡をとりながら1人ひとりの成長にあわせ作っています。

おやつ:手作りおやつに心がけ、週に2回程度献立に取り入れています。手作りなので添加物もなく安心して食べることができ、園児もおいしそうに食べています。

アレルギー児への対応:入園時に確認し、医師の診断書のもと1人ひとりに対応した除去食を作っています。

食事:食という字は「人を良くする」「人に良い」と書きます。その字のとおり元気のもと、健康の源のほとんどが「食」であり、楽しみの一つです。園児たちも給食が楽しみになるように、出来たてで温かいものを作っています。

保育園では、食に関する興味関心を持ってもらおうと、保育園で野菜の栽培や、クッキングを行っています。

 

◇◆保育園の給食ではこんなことを心がけています◆◇

・1日、15~20種類ぐらいの食材を使うような献立作り
・新鮮で安全性の高い食材を使用(国産の果物、産地の厳選など)
・揚げ物・焼き物・炒め物・煮物・和え物を取り入れる
・薄味で甘味・脂肪を控えめにして素材そのものの味を生かしたり、子供が素材の味を知ることができるように味付け
・正しい食習慣を身につけられるよう心がける
・行事食、郷土料理や季節を感じられるメニュー
・一人ひとりの発達に合わせた食事

 

◇◆サイクルメニューを行っています◆◇

園では月に2回同じメニューが出てきます。その理由は…

1.1回目に食べれなかったメニューも2回目で挑戦し、食べることができるようにするため
2.苦手な食材にも慣れることができ、食べる意欲を育てるため

 

 

○8月お楽しみ会

メニュー:ビビンバ、南瓜の甘煮、プチゼリー、豚肉とレタスのスープ、巨峰

バナナケーキ

 

○9月お楽しみ会

メニュー:チキンライス、焼きミンチカツ、マカロニサラダ、豆腐とチンゲン菜のスープ、梨

パンプキンケーキ

じゃがもちをつくってみよう!

 「じゃがもち」は北海道では広く食べられているおやつです。モチモチした食感と、しょう油の香ばしいかおりがとても美味しく子どもたちもあっという間に食べてしまい、「美味しかった!」「もっと食べたかった!」と大人気です。作り方もとても簡単なおやつです。ぜひご家庭でも作ってみて下さい。

材料

・じゃが芋     400g(小さいサイズで5個くらい)

・バター       20g

・塩         小さじ1/2

・片栗粉       大さじ4

・しょう油      適量

・サラダ油      適量

作り方

①じゃが芋の皮をむいてサイコロに切って茹で、柔らかくなったらザルにあけて水気をきっておきます。

※電子レンジを使うともっとお手軽です。

②茹で上がったじゃが芋を熱いうちにつぶし、バター、塩、片栗粉を加えて混ぜます。

③②を小判型に丸めてサラダ油をしいて温めたフライパンに並べて中火で両面を焼きます。

※多めの油で揚げ焼きにすると、より美味しく仕上がります。

④両面が焼けたら、しょう油を両面に塗って焼き目をつけます。

⑤出来上がりです。

※とろけるチーズをはさんで焼くのがおススメです。じゃがもちのモチモチの食感としょう油の香ばしさに、チーズは相性抜群です。子どもだけではなく大人もきっと大好きな味です。

のりで巻いて磯辺焼きのようにして食べても美味しいですよ。

 

材料を変えて

・さつま芋・南瓜     200g

・牛乳または、豆乳    大さじ1

※バターやマーガリン10gに置き換えても美味しいです。

・砂糖         大さじ1

・片栗粉        大さじ1

・サラダ油       適量

 

 作り方はじゃがもちと同じです。さつま芋は水分が少なくてパサつく場合は牛乳・豆乳を加えて加減してみて下さい。中にチーズを入れたり、ぜんざいのお餅の代わりにしたり、みたらし団子のたれをからめてみたり、いろんなアレンジをして楽しんで見てください。

チーズを入れてみました。

ぜんざいに入れてみました。南瓜のオレンジ色が鮮やかです。さつま芋もほっくりした甘みでホッとする味です。

 

 

 

○●○食育活動○●○

さくらさんを対象として毎月栄養士が直接食に関する話をしています。内容は季節の野菜の話や行事食の由来、食事のマナーや正しい包丁の使い方など季節や時期にあった内容を話しています。

 

今回は、9月29日(火)に「包丁の扱い方を知ろう」というテーマでお話をしました。10月末にわくわくデーという行事があり、そこで子どもたちと一緒にハヤシライスを作る予定です。10月に入ってから毎朝2~3人ずつ子どもたちに給食室に来てもらい、包丁練習を始めています。食育では、事前に包丁の正しい使い方や注意事項を学びました。

 

まず「ハヤシライスは好き?何の食材が入ってるかわかるかな?」という質問をしました。「にんじん!じゃがいも!たまねぎ!」とまでは予想できましたが「グリーンピース!」て言ってくれた子がいて、園での給食のハヤシライスをよく見てくれているのだと感心しました。

 

次に、包丁を扱うときのお約束の話しをしました。刃の危険性や、包丁を使うときにふざけたり、包丁を使っている子に話しかけないことや、包丁の持ち方などを説明しました。説明しているときは、みんな「うんうん」と真剣に聞いている様子が伺え、中には少し不安そうにしている子もおり、包丁の危険性を理解しているようでした。また、包丁を扱うときの手の使い方の話をしたときに、こちらが説明する前に「ネコの手!」と元気よく教えてくれる子もおり、お家で練習している子も見受けられました。

 

次は、当日子どもたちに切ってもらう野菜をどう切るか(にんじん:厚めのいちょう切り、たまねぎ:厚めのスライス、じゃがいも:角切り)の実演をしました。真剣に見ている様子が伺えますね。

 

今回の食育を通して、包丁の正しい使い方を覚え、わくわくデーまでに少しでも上手になってもらえたらなあと思います。給食室での包丁練習でも個別に丁寧に教えていきますが、お家でも大人の方に横についてもらって練習できると、なおいいですね。