給食室から

給食室から

東金沢こども園では、添加物のない安全な食材で「手作りの味」を子供たちに……という思いで毎日給食を作っています。

離乳食:毎日、分園と連絡をとりながら1人ひとりの成長にあわせ作っています。

おやつ:手作りおやつに心がけ、週に2回程度献立に取り入れています。手作りなので添加物もなく安心して食べることができ、園児もおいしそうに食べています。

アレルギー児への対応:入園時に確認し、医師の診断書のもと1人ひとりに対応した除去食を作っています。

食事:食という字は「人を良くする」「人に良い」と書きます。その字のとおり元気のもと、健康の源のほとんどが「食」であり、楽しみの一つです。園児たちも給食が楽しみになるように、出来たてで温かいものを作っています。

保育園では、食に関する興味関心を持ってもらおうと、保育園で野菜の栽培や、クッキングを行っています。

 

◇◆保育園の給食ではこんなことを心がけています◆◇

・1日、15~20種類ぐらいの食材を使うような献立作り
・新鮮で安全性の高い食材を使用(国産の果物、産地の厳選など)
・揚げ物・焼き物・炒め物・煮物・和え物を取り入れる
・薄味で甘味・脂肪を控えめにして素材そのものの味を生かしたり、子供が素材の味を知ることができるように味付け
・正しい食習慣を身につけられるよう心がける
・行事食、郷土料理や季節を感じられるメニュー
・一人ひとりの発達に合わせた食事

 

◇◆サイクルメニューを行っています◆◇

園では月に2回同じメニューが出てきます。その理由は…

1.1回目に食べれなかったメニューも2回目で挑戦し、食べることができるようにするため
2.苦手な食材にも慣れることができ、食べる意欲を育てるため

○1月お楽しみ会○

ちらし寿司、松風焼き、切干大根のサラダ、黒豆の煮付け、雑煮風汁

みかん

おやつ:フルーツきんとん

 

〇2月お楽しみ会〇

ピラフ、豆腐のミートグラタン、コーンサラダ、カリフラワーのスープ

いちご

おやつ:豆腐ときな粉のケーキ

 

〇3月お楽しみ会〇

ちらし寿司、鮭の味噌マヨネーズ焼き、菜の花和え、すまし汁

デコポン

おやつ:ひな祭りケーキ

 

 

 

この一年を振り返ってみましょう

 この一年間の食生活・食習慣はいかがでしたか?ご家庭でもチェックして反省点を来年度につなげていきましょう。

・朝ごはんは毎朝食べていますか?

・食事中、姿勢やマナーに気をつけましたか?

・食事前の手洗いは、よくできましたか?

・おかずだけではなく、ご飯やパンもきちんと食べていますか?

・苦手な食べ物に挑戦しましたか?

・ゆっくりよく噛んで食べていますか?

・「いただきます」「ごちそうさま」の食事のあいさつはしていますか?

・食事の準備や後片付けを進んで行いましたか?

・食事やおやつの時間は決まっていますか?

・楽しく会話するなど、親子のコミュニケーションをはかっていますか?

 

さくらさんリクエストメニュー

 3月の給食にはさくらさんのすきなメニューのアンケートをとり、人気の高かったものを取り入れています。「今年のさくらさん達は何が好きだったのかな?」と、毎年私たちも結果を楽しみにしています。定番化しているものもありますが、その年の個性的な部分が結果にでていてとても興味深いです。給食の味もさくらさん達にとってのこども園の思い出の一つになってくれたら嬉しいです。

 

●おかず部門

1位  ハンバーグ

2位  かき揚げ

3位  フライドチキン

 

 ご家庭の食事でもきっと人気のメニューではないでしょうか?そんな中、お肉を使ったものだけでなく野菜をたくさん使ったかき揚げを選んくれたことに驚きました。

 

●スープ・汁物部門

1位  コーンラーメン

2位  クリームシチュー

3位  カレーシチュー

 

 どのメニューもたくさん作るのに、どのお部屋の食缶も空っぽになって返ってきます。「あんなに作ったのに!?」と毎回驚いていますが、子どもたちの「美味しかったよ」「おかわりした!」「もっと食べたかったなぁ」の声を聞くと「いっぱい野菜切らないといけないんだけど、喜んでくれるなら仕方ないかぁ」と私たちも頑張ってしまいます。

 

●サラダ・煮物部門

1位  切干大根の煮付け

2位  ミートスパゲッティ

3位  五目ひじき

 

 マヨネーズ味のサラダやジャーマンポテトなどの洋風のものを抑えて、今年は和風味が上位を占めるという、なんとも”しぶい”結果になりました。今年は煮物をよく食べてくれる年だなぁ、とは思っていましたがリクエストしてくれるとは思いませんでした。切干大根やひじきは美味しいだけでなく栄養も豊富なので、卒園したあとも慣れ親しんでほしい食材です。

 

●おやつ部門

(甘いおやつ)

1位  苺パフェ

2位  シリアルバー

    フルーツポンチ

(しょっぱいおやつ)

1位  焼きそば

2位  じゃがもち

3位  おかずパンケーキ

 どのおやつも家庭でも慣れ親しんだものや、特別な材料を使ったものではないので、また家庭でのおやつの参考にしてくださいね。みんなが大好きなじゃがもちですが、コーンを混ぜたりチーズを入れたりしても美味しいですよ。

 

 

 

 

 

○●○食育活動○●○

さくらさんを対象として毎月栄養士が直接食に関する話をしています。内容は季節の野菜の話や行事食の由来、食事のマナーや正しい包丁の使い方など季節や時期にあった内容を話しています。

 今回は「お米からできる食品について」というテーマでお話をしました。もちつき会の前に子どもたちにおもちはどうやって作られるのかを知ってもらいました。
 うるち米ともち米の違いについて聞いてみると、「ふつうのお米は透明!」「もち米は白っぽい!透明じゃない!」と写真の特徴をよく見て答えてくれました。
 次に、お米からできている製品を見てもらうと、きりたんぽに一番興味を示したようで「秋田県の料理で、お米をつぶして棒に巻き付けて焼いたものなんだよ。」と話すと驚いた様子の子どもたちが多く見受けられました。せんべいやあられ、酢、みりんなどもお米から作られていると話しました。
 お米製品の中でも餅つき会があることから、もちに着目して生成過程を見てもらいました。写真を使って①もち米を洗う→②水気を切る→③蒸す→④つぶす→⑤きねでつく⑥丸めるという工程を話し、「蒸すってどういう意味かわかるかな?」と聞くと「湯気であっためる!」と教えてくれました。
 最後に「みんなはどんなおもちが好きかな?」と聞くときな粉やあんこはもちろん、ずんだ、抹茶や砂糖しょうゆ、のりしょうゆ、大根おろし、納豆といった声も聞こえてきました。余談でお米を粉砕して粉から作る和菓子の話をしました。さくらもち、練り切り、草餅、かしわもち、白玉、みたらし団子、豆大福などもち米、うるち米を粉にして和菓子に変身するんだよ、と話すと「かしわもち好き!」「さくらもち食べたことある!」「草餅は何からできているの?」などいろいろな声が挙がっていました。
 まとめとして、「もちつき会ではお餅は何からできていて、どうやって作るのかな?というのを思い出しながら楽しんでね。お米はごはんだけじゃなくいろいろな食べ物に変身できるので、この中にないものもスーパーでおうちの人と探してみてね。」と話しました。