うさぎ

うさぎぐみ(3・4・5・歳児)

 夏の暑さも少しは落ち着き、秋の涼しい風が吹くようになり過ごしやすくなったかなと思います。夏には園庭に来てくれていたセミも今では見かけることが少なくなり寂しくなった子どもたちですが、バッタや蝶々を見つけては毎日追いかけていますよ!
 夏の暑さにも負けず、水遊びやプール遊びを楽しみ毎日元気いっぱいだった子どもたち。これからは散歩をしたり公園に行ったりすることが多くなるので、子どもたちと一緒に今の季節ならではの発見を楽しみながらうさぎ組のみんなと共有していこうかなと思います。いよいよこれからが秋本番!季節の変わり目となりますが体調を崩さないように過ごしていきたいですね!

 

夏ならではの楽しみ

 お部屋では夏ならではの遊びをしていました。子どもたちからは、「カブト虫捕まえたよ!」「流しそうめん行ってきた~」「バーベキュー今度行ってくるよ!」「お祭りに行ってかき氷食べてきた~!」と夏にしかできないことなどの体験を話してくれました。「また行きたいな」という声や「お部屋でもしたらいいんじゃない?」「こうしたらいいんじゃない?」と面白いアイディアを出してくれて、夏の暑さも味方につけてみんなで楽しく遊びました!
 異年齢での交流も深まっており、お互いに分からないところは「こうするんやよ」と教え合い、またお互いの作品等にも「すごい!こんなの作れるん!」と尊敬の眼差しを持って関わっているなと思うことが毎日あります。何にでもやってみようとする気持ちがあるうさぎさんだからこそ、みんなが盛り上がれる遊びを作り上げていけるんだなと感じます!

「美味しいかき氷はいかがですか~?」

「お肉ください!」

火が消えちゃうからしっかり管理しないと!ふ~ふ~

火傷しないようにトングを使って

「美味しい~!」

私は焼きそばを作ってるよ!

そうめんを流して食べたらいいんじゃない?という子どもたちのアイディアから流しそうめんもしましたよ。
川に足を入れながら食べる流しそうめんはとても冷えてたね!

ネギも入れてっと

むしむしコーナーでは店員さんが虫の特徴クイズを出してくれたり、特別に触らせてくれたりと楽しいコーナーになっています!

「カブト虫には羽根がある!」

「〇だと思う人!」

「はい!!」

「全部正解してみせるぞ!」

特別にカブト虫を触らせてくれました。

優しく触るよ。

こっちはクワガタを触っているね!

虫相撲をするよ!「はっけよ~い!」

「のこった!のこった!」

虫相撲が終わるとツアーに連れて行ってくれます。色々な虫がいるね。

バッタを発見!

みんな興味津々!

絵の展示もしているよ。

「これは〇〇くんが描いたんだよ!」と紹介してくれています。

 

 

うさぎぐみ演奏会

 楽器にも興味が出てきて演奏会をしてみたいという子どもたち。楽器って何があるんだろう?から始まり絵本から楽器を見つけ特徴をつかみながら、LaQやロンディで作ってみたり、「フルートの写真って見れる?」と意欲的な姿が多かったです。写真や絵本とにらめっこしながら楽器を作り、出来上がった楽器を持ち寄り演奏会の開演です!!曲は”山の音楽家”、みんなで考えて作曲した”ミレドーさんのうた”です。朝来た時、園庭にいる時などふとした時に口ずさんでいる子どもたちです。

「楽しみだね。」

「ピピピッピッピッ~♪」

「次にミレドーさんのうたです。」

指揮者さんも登場

動物も一緒に演奏会を聴きに来たよ!

 

うさぎサファリパーク

 山の音楽家での演奏会で出てきた動物に興味を持った子どもたち、LaQやロンディで動物を作るうちに、「動物園とか開いたら楽しそうじゃない?」という声が出ました。そこで早速うさぎサファリパークをオープン!オープンするにあたって以前うさぎ組に来ていたモーモーちゃんに手紙を書いて来てもらうことに!手紙を書いたみんなはモーモーちゃんがいることに嬉しさと驚きでいっぱいでした!
 うさぎサファリパークでは、サファリバスに乗って様々なところへ移動します。キリン、ライオン、モーモーちゃん、レストラン、アイス屋さんがあるので、山の音楽家やミレドーさんのうたを歌いながら移動していますよ!

バスのナンバープレートを作っています。

そ~っと。

「サンドイッチで積んでくよ」

「次はどんな積み方にする?」と周りの子と相談しながら決めています。

「サファリバスって網の窓だったよね、そ~っと、そ~っと」

あと塗れていないところはどこかな。

頑張るぞ!

ライオンの髪の毛を塗っているよ。

ぺたぺた

隅っこまで塗るよ。

「もう一枚したい!」と何枚も塗っています。

サファリバス出発です!

「ララランイェイ!」

「次はレストランに向かいます!」

ラーメンセットの麺を茹で、湯切りをするよ!

「動物園のチケット作ったよ。」

「ぼく、チケット入れる袋作ったよ!これで失くさないよね!」

動物園の地図を塗っているよ。

「綺麗に塗れた~」

「キリンさん塗るよ~」

「もう少し茶色足したらいいんじゃない?」

「いい感じ~」

「どうぞ~」

「ぼくがジャンプしても届かないよ~!」

なでなで~

この様に年上の子が年下の子に教え合う姿が見られます。こうしたらいいよとロンディのつける位置を教えています。

「次どうする~ん?」

年上の子が作っていたカンガルーを見て「ぼくも作りたい!」と意気込んで組み立てていきます。

「できた!!」

「葉っぱどうぞ~」

「赤ちゃんワニ作る~」

ぺんちゃん水族館

 陸の動物だけでなく、海の生き物も大好きなうさぎさん。ベルーガのベルちゃん、イルカのイルくん、アザラシのアーちゃん、そしてペンギンのペンちゃん。愉快な海の仲間たちと暮らしているうさぎさんたちは、海の生き物になりきってベルちゃん・イルくんショーをしたり、お寿司屋さんに行ったりと楽しんでいました。
 ショーではきらきら星の歌に合わせて踊ったり、魚をあげる体験や撫でること、そしてショーの終わりには尻尾でバイバイの挨拶をしてくれます。「今のジャンプかっこよかった~」「可愛かった~イルくん、ベルちゃん上手やったね!」と言い、可愛い姿を何度も見ようと何回も通う子どもたちでした♪他にもクラゲの住む世界をのぞいたり、触ったりご飯をあげたり、アザラシのアーちゃんが海のトンネルから顔を覗かせて挨拶をしたり、一緒に歌ったりと楽しめます!
 お寿司屋さんでは、看板を見てお寿司を注文すると、新幹線で運ばれてお寿司が席まで届きます!新幹線もお寿司もLaQで作ったり、子どもたち自身が考えてメニューを提案したりと楽しむ姿が見られました!

ベルちゃんのジャンプ!

輪くぐり!

ボールタッチ!

ご飯どうぞ!

ジャンプする姿生き生きとしてるね。

アーちゃんがトンネルから見てるよ!

アーちゃんをなでなで。

「タコ釣ったらタコ焼きにしてもらうよ!」

新幹線にのせてお寿司が運ばれてきます!

職人さんみたいでしょ!

海の中のクラゲきれいだな~